『模試で得点を上げる工夫』 | 東進ハイスクール稲毛海岸校|千葉県

ブログ

2017年 6月 18日 『模試で得点を上げる工夫』

こんにちは!担任助手の橋爪です。

 

今月のブログテーマは模試

ということで、

『模試で得点を上げる工夫』

をお伝えします。

 

その①

<解く順番をアレンジする>

 

みなさん過去問を解く時

順番通りに解いていますか?

それも良いと思います。

 

私の場合、

英語の順番を変えていました!

大問3-4-5-6-1-2

の順番です。

何故変えたのか。

ただ単に

長文の配点が高いから、

先に丁寧にこっち解きたいな。

という気持ちでした。

 

先に考える問題(長文)

その後知識問題(アクセントなど)

にすることで、

大幅にスピードアップ

&点数アップ

できました!

※いきなり模試本番で

変えずに、練習必須。

 

その②

<真剣に受ける>

 

当たり前のことを

言っているかと思いますが、

特に低学年生!

これができている人、

少ないんじゃないでしょうか。

 

真剣に受ける、というのは

入試本番のように受ける

ということです。

例えば本番なら

解き終わった時

時間が余っていても

眠ったりせずに

必死に見直しますよね?

 

これを模試でも

して欲しいんです。

模試監督をしていると

スヤスヤ眠り始める人が

結構います。

 

模試を本番のように

受けなければ、

本番で模試のときに

取れた点数を

取ることはできません。

 

本番は練習のように、

練習は本番のように

です。

 

6月模試まで

あと7日!

 

最近のブログも

チェックして

模試に臨みましょう!

↓下のバナーもチェック↓