センター2週間前に千葉大学病院に入院した話 | 東進ハイスクール稲毛海岸校|千葉県

ブログ

2016年 8月 21日 センター2週間前に千葉大学病院に入院した話

 

どうもみなさんこんにちは。

担任助手の阿部佑樹です。

タイトルにある通り、

僕はセンター2週間前に入院しました。

退院したのはセンター1週間前。

勉強など全く手につかず治すのに必死でした。

3日は何も手付かずだったんですが、

全然忘れますからね?

 

3日ぶりに勉強しようと思って

ペンを握った時、

ペンの握り方さえにも違和感を覚えて焦ったのを

今でも覚えています笑

3日間全く触っていない科目があるのは

非常にまずいですよ!

 

でも、不思議と、

「なんとかなる」って思っていました笑

あまりにも暇だったので、

自分の受験生時代(まだ終わってない)を

振り返ったりもしていました笑

 

その時思ったのは、

「ここまで頑張れたのもいい経験だった」

です(まだ終わってない)。

 

さてみなさん、

「今日一日、頑張れてよかった」

って、思えていますか?

いい疲れで下校できていますか?

自分が満足できない日があるなら、

それはいつか後悔に変わるでしょう。

1日中勉強したら、

めちゃくちゃに疲れるはずです。

僕は下校後、

マリンピアのフードコートで

22時まで勉強したら、

疲れ果てて即寝ていました笑

 

自分で言うのもあれですが、

受験生時代は

割とストイックにやりきったつもりです。

休憩がてらLAWSONに行き

適当にお菓子かって

エレベーターの中で食べきって

東進に着いたら即自分の席に戻っていました笑

 

そのくらいやっても、

受かるか落ちるかなんて絶対わからないんです。

 

「自分が自分に満足できるくらいやり切る。」

受かるための絶対条件だなって思いました。

居眠りしているようじゃ全然甘いです。

寝るならしっかり時間を計って!!

 

こんなことを言ってはいますが、

今年の皆さんは頑張っているなと思います。

朝登校数も例年にない盛り上がりです。

 

だからこそ、皆さんにはもっと頑張って欲しい。

もはや登校しているのかどうか

担任助手がわからないくらい、

席にいる時間を長く、立ち歩く時間を短く

してほしいなって思います。

 

そのくらいやって、

「今日一日、頑張れてよかった」

と思ってほしいなと思います。

最高の受験生活になるよう

皆さんを応援しています!!