併願校、基礎のキソ | 東進ハイスクール稲毛海岸校|千葉県

ブログ

2017年 8月 24日 併願校、基礎のキソ

 

こんにちは!玉木です。

雨で肌寒い期間が明け、

ようやく夏らしくなってきた

ような気がします。(今更)

さて、今月のテーマは

「併願校のススメ」

私は併願校のキソのキソについて

お話していこうと思います!!

 

《1》そもそも併願校とはなんぞや?

併願校とは、多くの受験生が

第一志望校(学部)以外に

受ける学校(学部)のことです!

 

一般的に自分の学力から

大学を3つに分類して決めます。

①チャレンジ校

自分の本命校です。

模試:C~E判定ぐらいのところ

 

②実力相応校

自分の実力に見合った学校です。

模試:C判定ぐらいのところ

 

③安全校

いわゆる滑り止めとよばれる学校です。

模試:A~B判定ぐらいのところ

 

模試は複数回受験し、確実な

実力が分かるように

しておきましょう!

 

《2》併願校は何校ぐらい?

数は人それぞれです。

ですが、7~8くらい受ける人が

多いです。

受験には多くのお金がかかりますし

かといって少なすぎても

全落ち浪人の可能性も

出てしまいます。

担任助手や保護者の方と

よく相談して決めましょう!

 

《3》受験は出来れば安全校から

想像してみてください。

受験デビュー戦が第一志望校。

・・・

ド緊張してやらかしそうですね。

 

初戦は安全校がいいとされています。

当日の雰囲気を味わって

多少の余裕をもって

第一志望校に向かっていくのが

理想ですね!

 

先日、倉田担任助手が

受験カレンダーを作ろう。

と言っていました。

(詳しくは8月20日のブログにて!笑)

 

カレンダーを作る際に

初戦をどの学校にするか

ということも注意してみてください!

 

以上、本日は併願校選びの

基本ポイントを

おさえてみました!

 

早め早めに併願校を決定し、

無駄のない勉強を

心がけていってください。

 

模試まであと日。

気合い入れて頑張りましょう。

応援してます!!

 

―下のバナーもクリック―

最新記事一覧

過去の記事