先を見据えること | 東進ハイスクール稲毛海岸校|千葉県

ブログ

2017年 5月 20日 先を見据えること

 

こんにちは!

相原です!

本日は

今のうちから

やっておいてよかったこと

について話そうと思います!

私が今の時期

ちょうどやっていたことは

基礎!!!

時間がないからこそ

マスター、古単、現代文の文章題

必ず毎日触れていましたネ。

国語が苦手だったので

逃げがちになってしまいましたが

毎日大問別を1題やることを

マストにしていました。

そうしたら自然と

国語が好きになって

本番では

現古漢

8割とることができました!

(私の中では十分な成長です笑)

あんなに苦手だったのに!

やっぱり今の時期に

毎日触れていたことが

要因なのではないかな!と

思います!

逆にやっておけばよかったな

と感じることは

先を見据えて

計画を立てることです

例えば日本史。

日本史の受講のノートを

ご飯の間とかで見れたなあとも

思ったりします。。。

私の場合日本史は

夏まであまり触れていなったので

インプットが夏が終わっても

追いつかなかったです。。

それが原因で

夏明けまでも

日本史に割く時間が

多くなってしまいました。

その結果

英語の点数の伸びが悪くなり

8月末の模試の英語の点数

本番の点数という

結果になってしまいました(泣)

数学も

最終模試では9割とれたものの

本番は・・・(笑)

という結果になりましたネ、、

ということで

何事も先を見据えて

ということが大事だと思います。

忙しいときこそ

先を見据えて

いつまでに

何をどこまで

やらなければいけないのか

そのためには

今なにをやらなければ行けないか

を考えてみてください!

共通して言えることは

どの教科も

基礎を

完成させること

大切だと思います!

以上相原でした!

 

 

—下のバナーもCheck◎—