受験は相対ではなく絶対だ。 | 東進ハイスクール稲毛海岸校|千葉県

ブログ

2018年 4月 22日 受験は相対ではなく絶対だ。

こんにちは!

昨日ジムに行ってきて

絶賛筋肉痛の新田です!

たまにはしっかり走るとか

しようと思いました(笑)

 

さて、部活も学校も忙しく

なってきたこのシーズン!

 

私からみなさんにお伝えしたいのは

志望校への思いさえあれば

自分の限界なんて無い!

ということです。

 

部活と受験勉強を両立

学校の行事と受験勉強を両立

結構難しいことですよね

 

勉強したくてもまとまった時間が取れない

勉強したくても疲れてやる気が出ない

 

私もそういうことがよくありました

ですが、これはみんな一緒です

全国の高校生が一緒です

みなさんの、

受験でのライバルも一緒です

 

ここまで言われると、

この言い訳はしにくくなりますよね?笑

 

ではここから合否の差に

どう関係するのか、

それは

志望校への思い

かなと思います

 

自分がその志望校に

受かることを想像したら

どういう生活を送るべきなのか

自ずと見えてくると思います!

なので

志望校に受かりたいという思いを

ほんとにほんとに大事にして欲しい。

 

高校時代にラグビー部で

10月まで部活をやり抜いた

高校の同期が言っていました

「受験は相対ではなく絶対だ」

かっこいい名言ですよね笑

その人は現役で東大にうかりました。

 

「受かる人」はどんなに忙しくても

相応な努力

受かるにふさわしい勉強量と質

を自分で考えて

やりきっているのだと思います

 

志望校を愛して愛して

愛しぬいた結果

部活もやりきって後悔のない

高校生活を送りましょう!

 

下のバナーもチェック!

――こちらもクリック――