受験生へ最後の時間の使い方! | 東進ハイスクール稲毛海岸校|千葉県

ブログ

2017年 12月 22日 受験生へ最後の時間の使い方!

 

こんにちは。最近パーマかけた中山宙です。

私12月16日に誕生日を迎えて20歳になりました!

いろいろな生徒にお祝いしていただいて、

嬉しかったです!ありがとうございます!

20歳精いっぱい生きていきます!

さて、今回は

受験生へ、最後の時間の使い方について

お話ししたいと思います

冬休みを最大限使え

明日から冬休みの人が多いのではないでしょうか

この冬休みの過ごし方で

受験は大きく変えることができます

過去の先輩方もここから短期集中で

すごく頑張って

最後の最後に点数伸ばして

受かった言った先輩はたくさんいます

点数を伸ばすために自分に本当に必要なこと

しっかりと見極めて

今は勉強することがすごく大切です

今回は僕の

冬休みやっていた勉強を紹介したいと思います

数学

数学は

その年受験に出る分野が変わって2年目の試験で

僕は数学が得意だったので

ほかの受験生が過去問などで

余り演習できない

新しい範囲の勉強に絞って

少しでもほかの受験生より有利になるように

青チャートのその分野だけひたすらやりました

実際本番でもその分野の問題が出て

解くことができたので

非常に役に立った勉強だったことをよく

覚えています

物理

物理は

学力が足りていなかったので

まず、基礎基本の部分を固めなおそうと思って

物理の中の苦手分野の受講を

すべて受けなおしました。

それを経て理解が深まったうえで

今まで解けていなかった物理の

修了判定テストを受けなおし

改めて概念の理解を深めていきました

そのうえで自分の第一志望の過去問演習を

持続的に行い、少しずつ解ける問題を増やしていく

という勉強をしました

その結果、最初まったく合格点に届かなかった

過去問でも、大きく

合格者最低点を越えられる点数をとれるように

冬休みの後半にはなっていました

英語

英語は

センターでも第2問が

いつまでたってもできるようにならなかったので

この分野の総復習をしました

具体的には

今井先生の英文法教室

これをこの時期から

読みました

これを読んで改めて文法に対する

理解を深め

そのうえで大晦日に行われる

千題テストの復習をして

そこで文法に関する知識を

一気に頭に叩き込む

ということをしていました

それと、夏休みは

まだ集中力が切れてしまったとき

外を散歩したり

少し寝たりしていたのですが

冬休みは

集中が切れたときは必ず

マスターを無心でやる

ということをしていました

最後に

これを見て思いませんか?

意外とまだいろいろなことできます

自分のできていないこと

しっかりと見つけ

なぜできていないのか分析して

何が本当に必要なのか

これをしっかり見定めてほしいです

最後、

後悔しない勉強をして

合格して受験を終えましょう

最後まで読んでくださりありがとうございました!

下のバナーもチェック!――こちらもクリック――

 

最新記事一覧

過去の記事