受験生必見!! 高橋の壮絶な過去。 | 東進ハイスクール稲毛海岸校|千葉県

ブログ

2017年 12月 2日 受験生必見!! 高橋の壮絶な過去。

こんにちは高橋です。

もうすぐクリスマスですね!

マリンピア前も色づいています。

張り切ってますよね!笑

みなさんは今

いろいろなクリスマスソングを

聞いているところでしょう!

私はこれです!

 

A very Merry Xmas

And a happy New Year

Let’s hope it’s a good one

Without any fear

 

私の一番好きなクリスマスソングの歌詞です。

歌詞見れば何の歌かわかりますよね!

Happy Xmas です。

ジョンレノンとおのようこさんが歌っているもので

すごくオススメなので

まだ聞いていない人は是非!!

 

 

さて今日は

私高橋の

受験生時代の話をしようと思います!

 

 

 

 

実は私は受験生の時

大きな壁に2度、ぶち当たりました。

 

1つ目は夏休みのセンター8月模試。

2つ目はセンター試験本番です。

 

なんと2つとも

センター6月模試より悪かったんです。。

8月はまだしも本番も悪いって相当ですよね。

センター本番の自己採点後は

 

人生終わった感じました。

 

今までにないくらいの

絶望を味わいました。

心にぽっかり穴あくって

これかと思いました。

悔し涙も流した気がします。

 

 

 

 

 

今思えば本気でやっていたからこそ

だからとは思いますが、

やっぱりすごくつらかったです。

 

 

でもそこからなんとか立ち直り

こうして大学生になれています。

それには2つ理由があります。

 

1つ目は

兄の一喝

2つ目は

自分のこれまでの勉強記録を見る

です。

 

 

 

落ち込み過ぎて詳しいことは

覚えていませんが、

・センター受けなかったことにしよう

・まだ何も結果決まってなくね

みたいなことを言われた気がします。

 

センター当日自己採点の夜、

センター関係の参考書、

センター過去問10年分の冊子

センターと名がつく

ありとあらゆるものを捨てました。

俺はセンター受けてないさぼったんだ、

と自分に言い聞かせました。

この切り替えをすぐできたのはよかったです。

 

 

 

2つ目の自分の勉強記録を見るは、

自分が今までしてきた

勉強を書き出し、

どれだけ頑張ってこれたか

を視覚化しました。

POSも振り返りました。(もちろん美人

その時感じたのが

やろうとしたことを

全部達成できてたので

これだけやれたから絶対大丈夫

という自信です。

 

この切り替えと自信で前に向けました。

 

 

 

センター試験、2次試験が近くなると

やっぱり気持ちがナーバスになったり、

先の見えない不安に

かられることがあります。

しかし、

それを乗り越えていかなければ合格はないです。

 

みなさんの周りには

たくさんのスタッフ、家族がいます。

存分に頼りましょう。

また試験本番時、

やれることはもうない

胸を張って言えるくらい

やりきりましょう!

 

以上高橋でした。またね!

 

 

 

 

下のバナーもチェック!――こちらもクリック――