6月の勉強の意味 | 東進ハイスクール稲毛海岸校|千葉県

ブログ

2017年 6月 14日 6月の勉強の意味

こんばんは

本日は夜の更新になりました

遅くなりました!

 

今日は受験勉強で必要な考え方を伝授します。

それはズバリ

「逆算」です。

東進生だったらよく聞くワードですね。

逆算の重要性を改めてご説明します。

皆さんは今の勉強を何故やっているのか

考えられていますか?

今の勉強が受験本番まで

つながっていなくては意味がありません。

つまり、今やっている勉強は受験本番のため!

これを意識して日々勉強に取り組んでほしい!

 

私の担当は私立文系です。

私立文系で逆算の例を上げます。

 

私立文系は2月に私立の一般試験があります。

 

2月 私立試験

1月 センター試験

12月 私立、センター演習

11月 私立演習

10月 私立演習

9月 私立演習

8月 インプット、センター試験完成

7月 インプット

6月 インプット

 

これを見るとインプットを重点的に出来るのは

あと3ヶ月!

 

今の時期の重要性が分かりますね。

もし今の時期遅れると何が起きるでしょうか。

今後の予定も崩れます。

私立の演習は最低でも10年分はやりたいです。

現状予定しているのは3ヶ月ちょっと。

何校分満足に出来るか。

100日÷10年分は10校分です。

つまりもし遅れていくと

満足に対策ができる併願校が減るんです。

 

今の遅れが今後の自分の首をしめることになります。

だからこそ今が大事なんです。

 

6月はどうしても部活が忙しくなったり、

中だるみをしてしまう時期です。

しかし、本当に重要な時期です。

 

6月も中旬に入りました。

気を引き締めて頑張りましょう。 

 

 

 

 

↓下のバナーもチェック↓