自然にしていることを勉強にも。 | 東進ハイスクール稲毛海岸校|千葉県

ブログ

2017年 4月 30日 自然にしていることを勉強にも。

こんにちは。昨日久しぶりにフットサルをしたのですが、

カラダが動きません。渡辺です。笑

長めのブログですが、お付き合い下さいませ◎

*************

さて、今日は何の日でしょうか!?!?

 

4月最終日…

つまり、“英語完成から1ヶ月が経つ日”です!!

 

英語完成というInputのフェーズ

(高速基礎マスター・受講など)

を経て、英語力、身に付きましたか??

私も高校生の時(今は昔)に、

英語完成をしました!!!

自信をつけて臨んだ4月模試・・・

 

撃沈(笑)←笑いどころじゃない。

111点で、目標であった150点に遠く及ばず。

英語完成をして、成果を期待してたわけですよ。

(点数上がるかな!!どきどきわくわく)

↑イメージ

 

ショックは大きかったですね~…

But、前に進むためには振り返るしか無い。

徹底的に分析をしました。

そこで気づいたのは、

「勉強したことが成果という形で出てくるのには、時間がかかる」

ということです。

当たり前かもしれません。

しかし意外とこの認識を実感するまでは、

「まだいいや~」とか思ったりしてしまいます。

まずこの認識を植え付けましょう。絶対。

 

ここで、あれ?と疑問に思った方いますかね??

渡辺の言っている認識に関して、

「どういうロジック(論理)があるから、成果が出るのに時間がかかるの?」

という疑問です。

何を根拠にそう言えるねん。って話ですね。

説明しましょう。

 

Input Output

この言葉、聞いたことあると思います。

私が勉強した気になっていたのがInput。

成果を出すためにすべきなのがOutput。

こういうことなんです。

Inputしただけでは成果は伸びません。

正しく知識を理解し、

問題演習などで、それを活用する。

このフロー(流れ)が大切なのです。

 

だ・か・ら

InputがGoalではなくこの先にはOutputがあり、

使える知識にすることで、点数に結びつくのです。

この認識、忘れないようにね☆

是非、心を変え、行動を変え、習慣を変え、人格を変え、

運命を変えましょう!!!

※松井秀喜様の名言をパクりました。

 

<おまけ>

本日のタイトルに関してですが、

新学期なので皆さん、

新しく友達ができたと思います。

(榎本担任助手を除く)

まず自己紹介しますよね??

相手の名前教えていただきますよね??

気づいたら自然と名前呼べてますよね??

InputとOutputしてますよ。

ってことです。

名前も、”呼ぶ”ことで覚えます。

その際、相手の特徴などを+αで覚えたりしますよね??

その方がすぐ覚えます。

受験勉強も同じなのです!!

実は自然としていることを勉強に当てはめられたりします。

と言った意味を込めてタイトルにしました◎

意識してみて下さい!!!!

以上、渡辺がお送りしました。

長々と呼んでいただきありがとうございました。

 

 ↓こちらもクリックしてみてくださいね!