計算ミス撲滅! | 東進ハイスクール稲毛海岸校|千葉県

ブログ

2017年 6月 16日 計算ミス撲滅!

こんにちは!中山宙です

この間のHR出てくださった方々

ありがとうございました!

7/31受講修了

皆さん順調に受講できていますか?

絶対にやり切りましょう!

また、

6月センター試験本番レベル模試

まで残り9日です。

勉強の方順調に進んでいますか?

ここからラストスパートです

今までにない努力量を

見せてほしいと思います!

 さて、今回は模試前で

せっかく私が理系なので

テストでよくある

計算ミス

について話して

みようと思います

よくある計算ミスシリーズ!

 さて、

まず最も簡単な計算ミスの

解決法として

よくある計算ミスを

知っておくということがあります

よくある計算ミスを知っていることで

見直しなどしているときに

確認がしやすくなります

今回よくある計算ミスを

書き出してみました!

参考にしてください!

よくある計算ミス①

「マイナスをつけ忘れる」

これが

一番多いんじゃないでしょうか

逆になぜか―なのに

+で計算してしまっていることもあります

特に最初の方の

割と簡単な問題に

多いイメージですね

後は不等式の計算で

マイナスをかけているのに

不等号の向きを直し忘れた

等もあります

注意してください

よくある計算ミス②

「6×5=…えっと、ろくご…35!?」

はい(笑)

6×5=30ですね

これは私の小学生の時の

九九で苦手だったものです

意外と小学生の時のこういうもの

が試験本番で出てしまったりします

自分のよくあるこのようなミス

見つけておくとよいでしょう

よくある計算ミス③

「なぜか逆の計算をしている…」

足し算なのに引き算

割り算なのに掛け算

積分しなければならないのに

微分

このようなミスも多く見受けられます

これは検算をすることが

解決につながると思います

しっかりとやりましょう

よくある計算ミス④

「桁の多い計算」

やっぱりこれはミスをしますよね

これは何度計算しなおすことと

なるべく先に

計算が楽になるようにしてから

(約分など)

計算しましょう

これらのよくある計算ミス

に着目して

計算してみてほしいと思います

計算ミス解決法

さて先ほどの

よくある計算ミスに

着目しつつ

気を付けるべきものが4つあります

1.図は大きく、計算はきれいに書く

2.途中式は省略しすぎない

3.明らかに間違っていないか確認

4.なるべく簡単になるように工夫する

これら4つです

1.図は大きく、計算はきれいに書く

これは鉄則中の鉄則です

センター試験の問題など

計算スペースが狭く

書くのが難しいということも

あると思いますが

ぜっったいに

図は大きく

計算はどれだけ急いでいても

きれいに書きましょう

書き間違いや

見間違いにつながります

これを改善しただけで

20点近く点数が上がった生徒もいます

気を付けましょう

2.途中式は省略しすぎない

ある程度は省略した方がいい場合

も多いので難しいですが

省略しすぎると

答えが合わないときに

どこで間違えたのかの発見が

難しくなってしまいます

自分の計算の過程が

わかる程度に

書き残しておきましょう

3.明らかに間違っていないか確認

これはどういうことかというと

例えば

確率の問題なのに値が1をこえている

ということや

面積なのに負の値になっている

整数といわれているのに

分数や少数になってしまった

sin,cosの値が1より大きい

等です

これはしっかりと

それぞれの計算結果の意味が

理解できているかどうか

が問われます

計算で出した結果の数字が

何を表すのか

しっかり理解しながら

計算していきましょう

4.なるべく簡単になるように工夫する

小学生の時などやりましたよね

99×76みたいな計算

どうやりますか?

そうですね

100×76‐76=7524

と計算しますよね

このような工夫ができるかどうか

また、約分してから計算する

等も大切ですね

心がけてみましょう

最後に

さていろいろな計算ミスの

解決法について

綴ってきましたが

結局最も大切なのは

演習数です

たくさん計算をやってきているか

これが大切です。

たくさん計算の練習を

積めば自然とこのような力は

付きます

最後の9日間計算の演習量も

増やしていきましょう!

ケアレスミス減ることを

期待しています!

最後まで読んでくださりありがとうございました!

 

↓下のバナーもチェック↓