読書の秋と過去問演習 | 東進ハイスクール稲毛海岸校|千葉県

ブログ

2017年 10月 18日 読書の秋と過去問演習

こんにちは!家根です!

最近めっきり寒くなってきましたね

季節の移り変わりを感じます

さて、今は季節でいうと秋ですね!

秋といえば「読書の秋」ですよね!

私は本を読むのが大好きです

特にハリー・ポッターシリーズ

は中学時代だけで

おそらく10周ほど繰り返し読んでいます

最近も面白そうな本を2冊衝動買いしてしまいました!

さて、本を読んで得られるものはとてもたくさんありますが

その中でも最たるものは

「幅広い知識」

「様々な視点」です

それは色々なところで役に立ちます。

例えば、皆さんは「モンティ・ホール問題」

を知っていますか?

有名な確率の問題なのですが

(興味があったら調べてみてね!)

私はこの問題を本で読んで知り

とても面白い!
と思いました

そして、高校2年生のある日

、清華大学短期留学の2次選考が行われました。

周りの1次選考で選ばれた人もとても緊張していて、

休み時間になっても

何を話せばいいかわかりませんでした。

そこで仲良くなろうと思い、

自分を知ってもらうために

話したのが「モンティ・ホール問題」のことでした

この話は好評で

周りと打ち解けることができました!

これは特殊な例かもしれませんが

知識が思わぬところで活躍したりもします

そして、知識を得ることで様々な視点が得られて、

一つの物事を多面的に見ることができるようになっていきます

 

過去問演習もこれと類比して考えることができます

問題演習をしていく中で手も足も出ない問題は

その知識がまだなかった、

または解くのに必要な視点が足りなかったといえます

このような問題こそ大切にして

その問題から得られる概念や知識、解き方を

しっかりと吸収しきることで成長できます

だから、問題をやってできなかったら、落ち込むのではなく、

まだ知らない知識がある、

本番前にわからないところを見つけられてよかった、

まだ自分は成長できるのだと

ポジティブに考えて、復習に取り組んでほしいと思います

 

さあ、センターまで残り約3ヶ月!

自分自身の全身全霊をかけて、

そして学べることの楽しみを噛み締めながら

大学受験本番まで突っ走ってください!

 

最後まで読んでくれて、ありがとう!!

—こちらもチェック!—