CEATECに行ってきました! | 東進ハイスクール稲毛海岸校|千葉県

ブログ

2017年 10月 13日 CEATECに行ってきました!

こんにちは!中山宙です

先週の水曜日私CEATECと言う

イベントに行ってきました

CEATECとは?

CEATECとは

毎年10月に幕張メッセで行われる

エレクトロニクスITの分野

国際的な祭典です

大学の教授に授業中に進められて

行ってみることにしました

そこでは

IoT、自動運転車、AI、VR、AR

というワードがとにかく

飛び回っていました

(IoTとはInternet of Thingsの略で

ものとインターネットをつないで

いくというもので、

いままでインターネット

はPCを使ってしかつながれなかった

という時代から

スマートフォンやテレビなどでも

つながっていけるようになってきていて

更にいろいろなものを繋いでいこう

というものです。)

とくに自動運転車VR・ARが面白かったです

自動運転車はほぼ完成できていて

後は、実用化にむけて

本当に最後安全性などの

確認等を行っている段階でした

私達がおとなになる頃には

もう実用化されているかもしれません

あとはVR・AR

空中投影ディスプレイ

がすごかったです!

ほんとに空中に映像浮かんでるんですよ?

スターウォーズの世界もすぐそこだと

感じました。

それに加えて

いま大学で学んでいる半導体について

どんな新技術があるのかも

学ぼうと思ったのですが

難しすぎて断念しました(笑)

しかし、実際大学での

研究はここで発表されていたものより

さらに難しいものばかりで

大学はこのような研究に

ついてこられるような生徒を

求めています。(特に理系)

なので、大学受験の答案や

大学の定期試験の答案などは

自分と一緒に研究をしていける

と思わせることができるかどうかが

重要です。

それを意識して、大学の教授は

問題を作成しています。

この問題でこれだけできる人なら

自分と研究をしていける可能性がある

というレベルを大学側は用意している

という事で、それが合格者最低点です

そのレベルは毎年そんなに

大きく変わることはありません。

過去問でその点数をとれれば

そのレベルに到達できたという事になります

その感覚が得られるまで過去問を

やり続けるという事が

受験勉強最後

最も大切なことです。

大学によってその求めている

学力は違います

だから

自分の行きたい大学の過去問を

研究し尽くしてください!

それが大学受験合格への

近道です!

最後まであきらめずに

頑張っていきましょう!

下のバナーもクリック***