Mathematics | 東進ハイスクール稲毛海岸校|千葉県

ブログ

2018年 2月 4日 Mathematics

 

こんにちは、

阿部佑樹です。

私の最初の受験校は

理科大だったので、

ちょうどこの時期

くらいから、

初試験だった

気がしますね。

もう3年前ですが笑

あっという間ですね~

試験が終わって

その結果を嘆いても

仕方がないので、

さっさと忘れて

次の試験のことを

考えましょう。

私は受験校全ての

試験問題を

ゴミ箱に捨てました笑

受かるか受かんないか

その結果は結果を見るまで

わからないんです。

大げさにいえば

結果を見るまで

受かるか受かんないかは

半々なのです。

上手くいっても

上手くいかなくても

しょうがないんですよ。

前向いていきましょう!

今日は数学の勉強法に

ついてです。

数学って

むずかしいっすよね…

阿部佑樹も

数学が一番の

ボトルネックでした。

(高校受験は数学50点)

(東工も数学だけ平均割った)

ですけどそれなりに

工夫はしてきたし、

早慶に受かる程度には

数学力を伸ばすことが

できました。

さぁ

阿部佑樹は

一体どんな工夫をしたのか。

ズバリポイントは3つ、

①単元に集中する

②複数参考書を見る

③テキストの問題を解く

です!

①単元に集中する

これは、

確率だけやる!

三角関数だけやる!

っていう感じです。

なんでこれがいいか。

単元に絞ったら、

ちょっと深い内容まで

理解する時間と

気持ちが生まれます。

全体をバーって

やっていたときには

やらなかったような

内容とか、

そういうところに

大きなヒントが

隠されていたり

するんです!

ちょっと深入りして

勉強したほうが

実は効率的。

なぜなら数学は

すべての話が

理論で繋がっているからです。

②複数参考書を見る

「えっ」

ってひといますよね。

参考書は1つに絞れ的な

ことを教わっているかも。

それは正しい。

私は参考書を見た

だけです。

読んではいない笑

参考書が違えば

教え方も違う、

きっと誰かが

納得のいく説明を

しているはずなんです。

わからない概念とかは

違う参考書を開いて

解説の部分を読んだりして

理解を深めました。

③テキストの問題を解く

これは②とは違って

1つに絞りました。

東進のテキストの問題は

厳選に厳選を重ねて

選ばれたエリート問題です。

それを信じて、

完璧に理解できるよう

何回も問題を解きました。

私の時代は

数学計算演習がなかったので

今の人たちは

ここに数学計算演習を

用いるのも

いいかもしれませんね。

さて、

とっても長々と話して

しまいましたが、

要は

数学を伸ばすための本

に書いてあることです!

あの本をしっかり読んで

工夫して勉強してくれると

きっと数学の点数は

あがると思います!

数学は合否の分かれ目、

頑張っていきましょう!!

 

下のバナーもチェック!――こちらもクリック――