現代文は板野先生でしょ | 東進ハイスクール稲毛海岸校|千葉県

ブログ

2019年 5月 23日 現代文は板野先生でしょ


 

 

皆さん、こんにちは!

先日、

大学で自分の希望ゼミ入室に向けて

人生で初めて

エントリーシートを書いた

武田です!

ゼミとは

「少数の学生が集まって

特定の分野・テーマについて

研究すること」

です!

エントリーシートには、

自分の長所や短所、

今までの経験の中で

自分が頑張ってきたことなどを

書くんですけど、

こんなに自分のことを

客観的に見るのは

人生で初めてでした。

いざ書こうと思うと

なかなか何を書いたらいいのか

思い浮かばないことが判明しました。

皆さんもたまには

自分はどういう人なのか

客観的に見てみても

面白いのではないでしょうか?

さて、

今回のサブテーマ

高校と大学の違い

ということで

みんな言うかもしれませんが

やっぱり

自由度が高い!

これにつきますね。

そこで、

どのようなところで

自由度が高いといえるのか。

徹底紹介いたします!

授業を自分で決められる!

学部や大学によって違うと思いますが

大学では自分が取りたい授業を

選択することができます。

ちなみにこれが武田の時間割。

武田は経営学部ですが

水曜日の4限の「欧米経済史」は

実は商学部の授業なんです。

僕はこの授業に興味があって

他学部履修許可科目だったので

選択して受けています!

英語や中国語、企業論などは

必修科目ですが、

そもそも自分で授業を選べる事自体が

高校との大きな違いなのでは

ないでしょうか?

 

自分の時間が増える

大学生は自分の時間が増えます!

自分の趣味ややりたい勉強など

たくさんのことができます。

逆にいうと、

自分で何かをやろうと

考えて行動しないと

ただ時間が

過ぎるだけになってしまいます。

将来のことを考えて

色んな事に挑戦できるところは

高校と違うところなのでは

ないでしょうか?

 

サブテーマが

ちょっと長くなりましたが

ここから本題に入りましょう!

おすすめの講師紹介

ズバリ

現代文の

板野博行先生です!!!

「板野博行」の画像検索結果

受験期は本当にお世話になりました。

現代文が苦手だった僕は

高校2年生の時に

板野先生と出会いました。

板野先生の

どこがいいのか?

 

解説がわかりやすい

予備校の講師なら当たり前でしょ

と思うかもしれませんが

本当にわかりやすいんです。

「現代文の読み方」

という概念がわかる授業を

してくださいます。

それまでは文章をただ読んで

解答していただけだったのに

板野先生の授業を受けてから

「現代文は勉強する科目」

ということをとてつもなく

実感できました。

何度も授業を受けることで

板野化することができました。

ちなみに、板野化とは

板野先生と同じ解き方をすることです。

 

使えるテクニック盛りだくさん

現代文を読むときに

使えるテクニックを

たくさん教えてくれます。

キーワードなども

丁寧に教えてくださるので

非常に助かりました。

 

教養も身に付けられる!

現代文の解き方、

テクニックのみならず

文章を読むときに知っていると

読みやすくなるような

教養も教えてくれす!

本当にいいことだらけの

板野先生の授業。

受けている方は

絶対に無駄にすることのないよう

めちゃくちゃ集中して

取り組みましょう!