フルマラソン走ってきました! | 東進ハイスクール稲毛海岸校|千葉県

ブログ

2018年 10月 23日 フルマラソン走ってきました!


こんにちは!中山宙です!

先日、榎本担任助手とほか何人かで

東北・みやぎ復興マラソン

42.195km走ってきました!

自分の人生で一度はチャレンジしてみたい

と思っていたので

走ることができてすごくよかったです

本当にきつくて、

走り終わったとき

達成感といろいろな人々への感謝の

気持ちで自然と涙が出ました。

でも、受験勉強ってこれに匹敵する

つらさと終わったときの達成感が

あると思います。

どうしてもつらくて、

やめてしまいたくなったり

逃げ出したくなったりすること

あると思います。

でも終わったときを

想像して、最後まで

駆け抜けてほしいと思います!

****

さてでは今回は

低学年生のうちにやっておいた方がよいこと

をお話していきます!

では、まず低学年生って

フルマラソンで言ったら

42.195km中どのあたりを

走ってる時期だと思いますか?

僕は、受験勉強をその人が

始めようと思った時点で

21km地点くらいだと思います

つまり半分!

「は?どういう意味だよ?」

と思う方もいるかと思います

いろいろな高校生を見てきて

僕が思うのは

受験勉強は18年間の

受験生の人生を試されている

これが本当に真理だと

いろいろな受験と戦っている

生徒を見てきて

感じている日々です。

皆さん勉強していて

「なんであの人、対して勉強してなさそうなのに

あんなにできるんだろう?」

って感じたことありませんか?

そういわゆるポテンシャル高い

といわれる人たちです

じゃあこの人たちが

本当に努力していないのか?

ということを本当に

よく話を聞いてみると

実はいろいろな形で

それまでの人生で頑張ってきています

最もよくわかりやすいのは

定期テストです。

結構皆さんおろそかにしがちですが

やっぱりここでちゃんと頑張っている経験を

少しでもしている人は

勉強ができます。

あとは

部活動を一生懸命やっていること。

です。

つまり、人生においてどれだけ

頑張る。あきらめない

という経験を積み

それによって成功をしているか

これが本当に本当に大切です。

なぜかというと

そういう人は

努力の仕方とその意味を

身をもって体験してきているので

物事に対する

頑張り方が上手だからです

 

今までの高校生活で

自分が一生懸命やってみようと

思ってやってきたもの

思い出してみてください。

本当にいろいろなものがあると思います

もしも、それをまだやり切っていないなら

(部活動とか)

ぜひ、ぜひ、最後まであきらめずに

やり切ってほしいなと思います。

絶対に受験勉強にも生きてきます。

もし、いま自分が頑張ってきたものが

浮かばない人は

高速基礎マスター

これで努力して

成功する体験をしてみましょう!

これを完全修得しきる感覚って

すごく良い体験になります。

受験勉強というフルマラソン

もうスタートは切っています

いかに貯金を作って走り始められているか

寄り道していたとしても

トレーニングを続けていたのか

そして、自分の走っている位置と

ゴールの位置をどれだけ早く把握できるか

これがゴールまで完走するための

秘訣です。

よく、よく考えて

自分の行動を決めていきましょう!

 

ゴールで待ってます。

最後まで読んでくださりありがとうございました!

----☆コチラもクリック!☆----