ブログ | 東進ハイスクール稲毛海岸校|千葉県

ブログ 

2018年 8月 16日 過去問の流儀

皆さん、こんにちは!

大学生初の夏休みが

中盤にさしかかり

すでに暇を持て余している

信常です。

上手く自分のやりたいことにも

中途半端になってしまい

時間を無駄にしている

気がしてなりません笑

 

さて、今回のサブテーマは

いままで一番美味しかったもの

 

自分は食べることは好きなので

特に最高なものはなく

一番好きな食べ物は

ローストビーフ

だと思います。

少し良い値段のものは

お肉が柔らかくて

とっても美味しいです

はい、どうでもいいですね笑

 

さて、今回の本題は

過去問(赤本)の使い方

です

 

前提として

自分の第一志望の大学の

赤本は約10年分

購入すると思います。

この10年分を何周もすることによって

第一志望に対する対策を

じっくり練る事ができます。

 

では自分がどのように

赤本を使っていたかを

紹介しようと思います。

 

自分はまず

直近二年分の過去問は12月あたりまで

残しておきました

これは入試が近づいてきて

また実力がついたとき

本番同様に解き

その時点で志望校に

合格するかを測るために

使いました

そして残りの約八年分は

9月から解き

10月末までに

一周終わらせる

みたいな流れで解きました。

第一志望の過去問は

これから何周もするので

担当の担任助手と

しっかり計画を練って

やっていきましょう

 

僕が過去問で特にこだわっていたのは

間違いノートです

人それぞれ、なにをまとめるかは

違うと思うのですが

自分に関しては

数学で

間違えたり、良い問題と

感じた問題をコピーして

ノートに貼り付けて

自分なりの解答をつくることです

このノートは普段からずっと持ち歩いて

とても重宝しました。

 

自分が理系なので

今回は数学にフォーカスをあてて

特に気をつけていた点を

紹介したいと思います。

 

一番工夫した点は

自分オリジナルの解答を作る

ことです

例えば赤本に載っている

解答だけでなく

別解を少し考えて

新しい解答を自分でつくったり

後は論理的展開を自分で書くこと

例えば、なぜそれを求めるかを

明確化することが

目的にあります

 

以上が自分なりの

過去問の取り組み方の流儀でした。

おそらく過去問の

取り組み方は十人十色だと

思います。

今まで担任助手の方の

様々な意見を拝見して

参考にしてみてください。

これからの過去問演習

頑張っていきましょう!

 

----☆コチラもクリック!☆----

2018年 8月 15日 過去問ノートを作ろう!

おはようございます!

最近ハタチになりました

新田です。

大学生活も一年と半年が過ぎました。

あっという間だなぁ、、としみじみ。

そんな新田が大学生になって発見した

イッッチバン美味しい食べ物!

それは牛タンです

割高なんですが、

新田は今この牛タンのトリコです( ; ; )

あああ常に食べたい。

 

***

さて、

今日は二次私大の過去問対策を使った

必勝法をお話します!

過去問を解く上で大事なことが

いくつかありますよね

 

・第一志望は10年分解く
・大学による傾向を分析する
・時間配分を確定させる
・できないところを見つけ出す

などなど。

これら全てを実行するのに

素晴らしいものがあります

それは

過去問ノートを作る

ことです!

・大問ごとに解くのにかかった時間
・大問ごとの点数/配点
・傾向
・自分が間違えた分野
・間違えた理由

これらを復習が終わった後に

書き出してみましょう

そうすると

この大学はどんな性格なのかな?

じゃあ自分はこういう対応をしよう!

という対策ができます

過去問ノートを作ることで

志望校を分析することができます

 

志望校を分析することで

今後の自分の指針が見えますね!

過去問ノートがどんなもんか見たい方は

ぜひ新田のところへ!

 

***

愛すべき第一志望の過去問を解く度に

新田は常に思ってました

この志望校に届くための

最善・最短な道を見つけよう

そのために

明日は今日よりも努力しよ

 

みなさんに残されている時間は

もうわずか半年弱。

 

全力出し切ろう!!

 

----コチラもクリック!☆----

2018年 8月 14日 似内流 過去問の使い方

こんにちは

人生で一番おいしかったものは

ありえないほどきつかった

練習のあとにたべた

晩ごはんだった

似内です!

牛丼だったのですが

どんな高級な料理よりも

頑張った後の食事のほうが

美味しいですね

夏休みの1日本気でがんばった

あとのごはんは

きっとおいしいはずです!

***************

さて本題です

志望校対策についてですが

なんのためにやってるんでしょう?

それはズバリ

いままでつけた力を

得点に変えるためです!!

いまの皆さんは

野球でいうと

筋肉はつけたけど

バットに当てる技術がないから

ヒットが打てない

みたいな感じです

私大は特に顕著ですが

各大学には

それぞれの問題のパターンがあります

それをつかんでいくことで

点数は飛躍的にのびます!

これは僕が生徒時代に

担当の新田さんから

教わったものを

そのまま書きますが

過去問ノートをつくるのがおすすめです!

どんな問題がでたか

自分がとくのに

どのくらいの時間がかかったか

何点とれたのか

じゃあ自分になにが必要なのか

こんなことを各年度ごとに

書いていくと

過去問演習がとても

有意義なものになっていきます

しかしそんなすばらしい過去問演習でも

まずは自力がないと意味も

半減です!

だから、夏休みのうちに

センター過去問を10年分行うことが

とても大事なんですね

毎朝、音読会のあとに

過去問持参の過去問演習会

開いています!!

どうせ解くなら朝の時間に

スッキリと解いてみませんか?

夏休みの勉強は開けたあとに

きっとじわじわと

実力になってくることを

実感すると思います!

毎朝大変ですが

頑張って下さい!!

 ----コチラもクリック!☆----

2018年 8月 13日 志望校対策で気をつけること3選

こんにちは!榎本です!

一番好きな食べ物は

すき焼き

です。

お肉を卵につけて食べるって

誰が最初に考えついたんでしょうね。

ほんと天才ですよね。

とりあえずすき焼き味のなんかがあったら

買っちゃたりしちゃいます。

 

今回は志望校対策。

主に二次・私大対策について書いていきます!

現在、みんなが一生懸命、取り組んでいる

センター過去問にも活かせることが満載なので、

ぜひぜひチェックしていって下さい!

 

復習に時間をかけすぎないように

第一志望は10年分×3周やります。

併願校も5~10年は解くでしょう。

科目数はひとそれぞれですが、かなりの量ですよね?

最小時間かつ最大効率の復習

が必要不可欠になるわけです。

そこで目安にしてほしい復習の時間として

試験時間=復習時間

おおくても試験時間×1.5倍

くらいがちょうどいいと思います。

あくまで目安ですけどね。

60分の試験だったら

復習時間は60分から90分くらいが

ちょうどいいのでは???

 

次へ活かす

過去問一回一回で成長していく必要があります。

10年分全部同じ解き方で解いても

変化がない。つまり成長しない。

「今回は〇〇に時間を使いすぎたから

もう少し時間配分を変えよう」とか。

「選択肢を読み飛ばしすぎたから

次は選択肢を精読するようにしよう」とか。

10年分解く中で、必ず

解き方に変化を加えていって

自分なりの正解を探しましょう。

 

補強点をインプット

「あぁ、ここ解けなかったなぁ。

よーし!!次だ!!!」

これも成長しないパターン。気をつけて。

しっかり自分の弱点を分析して

そこをインプットで補強していこう。

この時間が一番伸びる時間!!

アウトプットとインプットのバランス

すごーーく大切なわけです。

以上を参考にガンガンすすめよう!

                 ----コチラもクリック!☆----

2018年 8月 12日 過去問演習で得ること BY武田颯太

はい!みなさん!こんにちは!

 

この夏は甲子園さえやっていれば

暇な日なんて1日もない

武田です!

今年の夏は

100回目の夏」

ということで、

甲子園も熱く盛り上がっています。

みんなもこの夏、

今まで、そしてこれからもないくらい

「本気の夏」にしてほしいです!

 

今回のテーマは

過去問のやり方

 

武田の過去問のやり方を

書かせてもらいます!

 

まず夏休み!

みんなは合格ロードマップ

というものをご存知だと思います。

そこには夏休み中に

センター過去問10年分

と書いてあります。

僕は夏休み中に国語、英語の

センター過去問を

解きまくりました!

英語は得意な方だったので

間違えたところと

よくわからなかったところのみ

見直していました。

わかってるのに全訳とか見ても

意味ないと思ってたので。

 

国語はかなり苦手だったので

解説をしっかり読んで

自分なりにペンなどで

「こことここが繋がってて

答えの根拠になっている」

といった具合に

見直しに力を注いでいました!

 

僕は部活引退後に日本史を

始めたので、

まだ過去問を解く実力すら

ないくらいでした。

そのため夏休み中は

インプットに力を入れて

やってました!

センター過去問はインプットが

大体済んできたあたりから

やり始めました!

 

二次私大編

 

9月~受験直前にかけて

僕は第1志望の大学の過去問を

めちゃくちゃやりました!

でもただやるだけじゃダメ

なんてことはみんな知ってると

思います!

 

色んな人に

過去問を解いて

その大学の出題傾向を知ろう!

と言われていると思いますが、

本当にその通りです。

大学、学部によって

出題傾向は違うものです。

自分が得意だと思ってる科目でも

過去問を解いてみると

点数が取れない

なんてことがあります。

それは傾向を知っていないから!

だから僕はみっちり過去問を解いて

傾向を分析、記憶してました!

 

また二次私大の過去問は

同じものが出ることもあります!

そのため見直しをめちゃくちゃ

丁寧にやりました!

英語はわからなかった単語を

自分のノートに書き出して

単語ノートを作ってました!

 

国語は過去問演習講座の

解説授業をかなりの時間かけて

理解できるまで見てました!

そこで読み方だけでなく傾向も

言ってくれるので

本当にためになりました!

 

日本史では

知らない単語がけっこう

出てきます。

そのたびに、

テキスト、用語集、資料集

の三点セットで見直して

知識を蓄積しました!

 

総じて、過去問演習は

1.傾向を知る

2.自分の苦手、知らなかった所

    を知る!

という2点が特に大事に

なってくると思います!

 

ただこなすだけでは、もちろん

意味は全くないです。

過去問演習で何を得るのか

しっかり考えて

演習しましょう!

 

----コチラもクリック!☆----