受験生に送る武田からの言葉 | 東進ハイスクール稲毛海岸校|千葉県

ブログ

2019年 6月 11日 受験生に送る武田からの言葉

 

 

 

 

みなさん、こんにちは!

一週間のはじめである月曜日から

雨がいっぱい降って、

気分がなかなか乗らないですね。。。

この時期はそういう生徒が

たくさんいると思います。

天候のことだけじゃなくて

勉強はもちろんのこと、

文化祭や部活の引退時期だから

色々悩み事があると思います。

だけど、東進にいるスタッフは全員

みんなをサポートしてくれます。

明るく元気にみんなに接します。

校舎で待ってるから

みんな、頑張って毎日来るんやで!

 

こんだけじゃ別に

モチベーション上がらないよ

って子がいるでしょう。

僕が生徒時代、

いや、今もやっている

モチベーションを上げる方法

それは

何事もプラスに考える

です!

この間読んだ脳科学の本に

書いてあったことなんですが、

人間は物事を

プラスに捉えることによって

やる気が出てきます。

やる気が出る、記憶力もよくなる!

「勉強は楽しくて気持ちいい」と

無理にでも考えることによって

βエンドルフィンという

物質が分泌されて、

人間に快感を与えてくれるそうです。

すなわち、やる気=物質

要するに、無理にでもプラスに

捉えることで、

物質が分泌されるわけですから

やってみる価値はあると思います。

必ず効果はあると思います。

 

さて、

昨日の模試後HRでも言いましたが

受験生の修了式条件は

1全受講の修了

2全確認テスト、修了判定テストSS

3高速基礎マスター5冠

4センター過去問主要3科目7年分

の四つです。

今回は4について話します。

過去問を解くことは本当に大事

ということは昨日のHRでも

散々言いました。

どんな問題が出るのか?

自分が間違えたのはどこか?

何をやらなければいけないのか?

様々なことを考える時間が

必要になってきます。

過去問分析が合否を握っている

といっても過言ではありません。

だからしっかり過去問演習を

積んでいきましょう!

ここで一番注意したいこと。

ただただ過去問を解けばいい

という問題ではありません。

⁴割5割しか取れない状態で

永遠と過去問演習したって

意味はありません。

しっかり過去問と戦えるレベルまで

持って行った状態で

演習を積むようにしてください。

そのことだけ絶対に

頭から離れないように

してください。

 

最後まで読んでくれてありがとう。

質問あったら遠慮なくしてね!

以上、武田からの言葉でした。