好きだったのは麺職人 | 東進ハイスクール稲毛海岸校|千葉県

ブログ

2018年 8月 8日 好きだったのは麺職人

このブログが読まれてる頃には

僕はきっと仙台にいるでしょう…

 

こんにちは。

ただいま、東北大学に受かった

元・東進生同期に会いにいっている

斎藤です。

 

仙台、すごいですね。

まるで人が少ない新宿です。

ドンキもあればSamantha Thavasa

あるんです!

見くびっていました…

ごめんなさいm(__)m

 

最初に人生で一番美味しかったものを

紹介するそうですが

僕が皆さんに紹介したいのは

これです。↓

じゃじゃん!!

 

見てのとおり普通の卵焼きなのですが

なんとこの卵焼き

築地市場限定発売の卵焼き

なんです!

 

この前友達と築地に行ったときに

朝7時くらいに食べた

この卵焼きのホクホク感

今でも忘れられません…。

皆さんも大学生になったら

一度は築地市場の朝市に

足を運んでみましょう!

(僕のオススメは【築地山長】です。

 

~過去問の使い方~

 

皆さんは何か、勘違い

していませんか…?

過去問は別に限定フィギュア

じゃないんですよ!!

 

 

いつまで放置しておく

つもりなんですか!!

 

 

やればやるほど、

①自分の実力が図れる

②第一志望校の癖がわかる

③対策を練り直せる

というのに…!!

 

あろうことか

皆さんは

「まだ過去問解けるレベルじゃないので…」

「他にやることがたくさんあって…」

「それよりも受講が…」

 

とかなんとか言ってほとんど手をつけない!!

 

確かに学習が進んでいない状態で

いきなり過去問に触れるのは

時間の無駄になる可能性が高いので

あまりオススメしません。

 

ですが…

皆さん、本当は

「点を取れない」ことを怖がっている

のではないですか!?

 

点なんか取れなくて

当たり前です。

大事なのはただ一つ。

分析です。

なので過去問をやるときは必ず

過去問ノートを作ってください。

 

ひたすらに自分の

解けたところ、解けなかったところ

時間がかかったところ、大学の好む範囲

を丁寧に分析して記していきましょう。

 

僕は科目ごとにノートを作っていました。

特に苦手だった数学日本史

自分で書き直した答えも一緒に書いていました。

 

第一志望校の過去問は10年分

3周はしたいところです。

 

もったいぶらずに

どんどん解いていきましょう!

 

自分が受験本番で

目の前の過去問を完璧に解ききる

イメージを常にもてると良いですよね。

 

受験期の毎日のお供は

赤本青本カップラーメンだった

斎藤でした。

明日も頑張りましょう!!

コチラもクリック!☆----