後悔してほしくない!! | 東進ハイスクール稲毛海岸校|千葉県

ブログ

2018年 8月 10日 後悔してほしくない!!

こんにちは!

相原が人生で1番おいしいってものに出会った瞬間

それは

レバーです。

疲れたときに食べたくなるものです。

食べた瞬間ほっぺた落ちて幸せになれます。

レバー嫌いな人多いですが、

それは偏見ですーー!

めーーちゃおいしいから!!!

騙されたと思って食べてください。

幸せの極み。

さて本題です。

センター10年分が終わり、

さあ!過去問演習やるぞ!ってなると思います

この過去問こそが合格へ導かせるものです。

また、戦略を立てる必要があります。(国立志望)

私は国立志望だったのですが、

センターのバンザイシステムで

Bラインを突破したのにも関わらず

落ちました。

つまりは二次で落ちたということです。

私が受けた学科はセンターより、二次の比率が圧倒的に大きく

二倍以上の配点が二次でおかれていました(実技も含めて)

そのためにセンターでよい結果となっても

落ちてしまったのです。

当時の担当の人も落ちるとは

思っていなかったみたいで

合格発表の日とても驚かれました。

私も驚きでした。

さて、国立志望向けになってしまいますが

聞いてください。

国立志望の人はセンターと二次の配点をみながら

戦略立てをする必要があります。

既に担当の人と話している人も多くいると思いますが

例えば、

センターの配点が450点(5教科7科目。点数を50%に凝縮)

二次の配点が500点(英:200点 国:200点 数:100点)

合格者平均点が点700点/950点であったら

センターで9割(405点/450点)とって

二次で(300点/500点)取れば、

合格者平均点にのることができます。

二次の科目は英(200)国(200)数(100)だから

英語で120点国語で120点数学60点(6割)をとればいい!

つまりセンターで9割とっていれば、二次では6割をとれば

合格者平均点を超えます!!

だからセンターでは9割が必要がある。!

そして皆さんも知っている通り

二次はそんな簡単に点数が取れるわけではありません。

先日のブログでも言っていた通りに

しっかり分析を重ね、何年分も何回も解く。

これこそが合格への道です。

私はそれができなかった。

夏休みが終わってからも日本史のインプットが終わらなくて

なかなか過去問演習に移れませんでした。

みんなには、私のような遅れをとって失敗してほしくない

あのときの自分に言い聞かせたいってぐらいに

後悔しています。

過去問をしっかり分析できずに、本番になってしまったことに

残念です。

だからこそ夏休みはしっかりセンター過去問を終わらせて

10年分終わらせて、9月以降は過去問しっかり演習できるようにしてほしいです。

ちなみに、

国立でセンター配点1100点、二次200点など

センターにめちゃくちゃ重点を置いている大学や

むしろ、センター450点、二次700点(もっとそれ以上の配点のところもとても)など

配点は大学により異なります★

自分の得意科目を把握しながら

しっかり確認しておいてね★

みんなが第一志望校に受かるよう

全力でサポートします。

全力でがんばろう★!

レバーを楽しみにしている相原からでした☆

 

----コチラもクリック!☆----