慶應義塾大学経済学部経済学科A方式 | 東進ハイスクール稲毛海岸校|千葉県

ブログ

2020年 1月 31日 慶應義塾大学経済学部経済学科A方式

 

こんにちは!

担任助手の森です!!

自分は、昨日で1学年最後の期末テストが終わりました!

集大成としてかなり勉強することができのでよかったと思います!

 

さて3年生は学校も終わり、ついに「受験」が本格化していますね。

不安なこともあると思いますが最後まで諦めることなく

試験に食らいついていってください

皆さんの頑張りを期待しています!

低学年生はいよいよ「受験生」です!

4月までの2カ月間が他の受験生と差をつける最後のチャンスだと思います

最後笑顔で終わるためにも日々頑張っていきましょう!

 

ここからは自分が通っている

慶應義塾大学経済学部A方式について

話をしていきたいと思います!

実は慶應大学には経済学部経済学科でも

A方式とB方式の2種類が存在しています。

入試方式が異なることはもちろんですが

実は大学に入学した後のカリキュラムも

まったく違います!

今回は

自分が通っているA方式について話そうと思うので

興味のある人はぜひB方式も調べてみてください!

 

A方式ですが、入試は英語、数学、小論文で実施されます。

基本的には英語と数学で合否が決まると言われています。

英語では、英作文力や馴染みのない話題に基づいた長文読解

数学では高度な思考力と、素早い計算力など

高度な問題が多いです。

受けるにあたってはしっかり対策していきましょう!

 

また入学後は

 

マクロ経済学や統計学といった

経済とはどのようなものかについて

数学的な視点から

深めていきます

ただし、上の科目もそうですが

数学をとにかくやります

数学Ⅲの微分積分なども

やらされるので

数学嫌いの人は

気を付けてください(笑)

 

 

そんな大変な経済学部ですが

同級生の存在がとてもいい刺激になっています!

関東圏のみならず

北陸や九州など

様々な地域の人々と

勉学に励んだり

遊んだり

語り合ったり

この1年間

いい経験ができました

そんな経験をしてみたいそこのあなた

ぜひ、受験してみてください!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

これからも受験勉強みなさん頑張っていきましょう!

 

—-☆各種お申込み・ご詳細はコチラをCLICK☆—-