資格試験を通して改めて感じたこと | 東進ハイスクール稲毛海岸校|千葉県

ブログ

2019年 10月 31日 資格試験を通して改めて感じたこと

 

こんにちは!

20日に宅建の試験を終え、一段落したいむたです!

 

大学受験のときよりも人生のかかった試験だったので

大学受験よりも2倍くらい緊張してました。

予想合格ラインは越えることができたので

あとは12月の結果待ちです!ドキドキ!

 

この資格試験を通して改めて感じたことは

努力は裏切らない

ということです。

私は受験生の皆と一緒に

1日10時間の勉強を続けてきました。

月に1度模試を受け現状を確認し

テキストはボロボロになるまで読み込みました。

そこまでやってきたからこそ

自分の解答に自信を持ってマークできたし

分からない問題に直面しても直感を信じて

解答することができました。(実際合ってた◎)

 

受験生の皆さんはセンターまであと79日と

受験期の終盤を迎えていると思います。

不安もあると思います。

でも、その不安を解消してくれるのは

担任助手さんでもなく、友達でもなく、

自分自身の最大の努力です。

猛烈に努力し続けて下さい。

そして、3月に皆さんの第一志望校合格の報告が

聞けることを楽しみにしています!

 

そしてもう一つ感じたことは

大学生は人生の夏休み期間

と言われる4年間になりますが

だからこそ

人生で1番自由な時間を通して

自分が興味あることに全力で挑戦してほしいです。

その行動が将来の自分の社会人像に直結します。

私は教職にダンスに東進に資格試験に

忙しくも充実した4年間を送れたと自負しています。

 

皆さんには自分の選んだ第一志望校で

挑戦できる4年間を過ごしてほしいと思うので

いまいちど、第一志望校への気持ちを強めて

今日も勉強頑張りましょう!☆

 

—-☆各種お申込み・ご詳細はコチラをCLICK☆—-

 

過去の記事