過去問での注意点 | 東進ハイスクール稲毛海岸校|千葉県

ブログ

2019年 9月 15日 過去問での注意点

こんにちは。

もう夏休みが終わり学校が

始まってしまった諏訪です。

周りがまだ夏休みなのが

すごくすごく羨ましい、、、

秋学期から時間割もがらっと変わって

春学期より辛いと思うけど

頑張りたいと思います!!

 

さて、サブテーマの

秋にやりたいこと

とくにこれっていうのはないのですが

学校で文化祭があります。

そこで小さい子と遊ぶという

イベント?的なものがあります。

これから少しずつ遊び道具とか

掲示物とか作ったりとやっと

幼稚園の先生っぽいなって思うことを

やり始めます!!

なので頑張りたいなって思ってます。

子供大好きなのでほんとに

楽しみにしてます!

 

ここからは過去物の話

をしたいと思います!

過去問をとく上で

自分が大切にしてたのは

解く環境、時間、傾向、復習

です!

とくに傾向を掴むことに

焦点をあててました。

私は正確には覚えてませんが

10年以上の過去問を解いてました。

単元ジャンルで他の大学の記述も

解きまくってました。

10年以上も解くとやっぱり

その大学の傾向がありました。

またたくさん記述問題に触れることで

書き方とかも勉強できました。

傾向が掴めると

無駄な時間が減ります。

全然その大学で出ない問題とかを

ひたすら勉強してても

ただただ無駄です。

よく出る問題を完璧にした方が

絶対にいいです!!

なのでみなさんも意識しながら

進めていきましょう!

また気になるのが復習の仕方です。

復習に時間をかけまくってる人が

中にいると思います。

3〜4時間くらいかけちゃってる

友達がわりといました。

工夫してなるべく

時間をかけすぎないように

注意してほしいです。

 

第一志望だけでなく併願校の過去問も

忘れずに予定をしっかり立てて

進めていきましょう!

がんばれ!!!

 

最後まで読んでくれてありがとう!