もうすぐ模試、そして本番ですね。 | 東進ハイスクール稲毛海岸校|千葉県

ブログ

2019年 10月 20日 もうすぐ模試、そして本番ですね。

 

みなさん、こんにちは!

ただ今、北海道にいる 武田です!

高校の友達と旅行で 北海道に来ています。

大学生のうちにやりたいことの1つ 国内旅行

まぁまぁたくさんの都道府県に 行ってるので

これからも旅行したいと思います!

さて、今回はまず初めに 大学祭について話したいと思います!

僕は明治大学に通っています。

今年は 「明治」時代は終わらない

というスローガンのもと 明大祭が開催されます!

11月2.3.4日にやります!

大学の雰囲気を知る機会にもなるので

時間があったらぜひ!

 

本題 併願校について

受験生の皆さん、

この時期は 第一志望校が決定していることは もちろんのこと

、 併願校も確定させるべき時期でも あります!

先日のGMで 志望校調査を行いましたが

あれの目的の一つとして

併願校について考えることが ありました。

最近の受験状況は 皆さんがご存知のとおり 厳しくなってきています。

この実力なら 今までのレベルから見て 受かるだろうと思っていても

不合格になってしまう というケースも 増えてきています。

そのために まずは自分の実力を知ることが 大切です。

過去問を解いて実力を把握する こともできますが

今回の模試では

挑戦校2 実力校2 安全校2

で志望校を書いて欲しいんです!

特に大切なのが安全校!

ここなら絶対に受かる!

っていう大学を書いて

その判定をもとに自分の実力を 把握することができます。

ただ、 ここに受かっても行かないと思う だから書かない。

という人も中に入ると思います。

でも、まずは書いてください!

自分がおそらく行けるであろう 大学のレベルを知ることは 本当に大切なことです。

また試験も受けることを オススメします。

理由としては 行くか行かないかは

受かってから考えれば良いこと だからです。

「やっぱり受けておけばよかった」 と後悔する人は毎年います。

ですので、

①今回の模試の志望校で 2.2.2のバランスで書くこと

②行くか行かないかわからなくても 安全校は受験する ことを言っておきます。

詳しい併願校決めは 担当の人と話し合いましょう!

受験本番まで気づいたら あと少しになっています。

この間、GMでも言いましたが ここでも言わせていただきます!

「時間がない、不安」 という声を最近校舎で聞きますが

『時間は自分で作ろう! これから本番までの時間は 全員同じ長さの時間。 不安な気持ちは十分わかる。 だけど今すべきことは あれこれ考えるのではなく 限られた時間をどう使うか を考えること! 後悔することだけは 絶対にさせたくない。 反省は大事だけど 後悔はいらない。 受験が終わって 「あの時あぁしてれば。 こうしてれば。」 っていうのではなく 「あれだけやったから 後悔なし」って言えるように なって欲しい。 時間は有限。みんな平等。 これからいかに使うが大事。』

頑張っていこう! 最後まで読んでくれて ありがとう

 

 

各種お申込み・ご詳細はコチラをCLICK☆—-