校舎の様子 | 東進ハイスクール稲毛海岸校|千葉県

校舎の様子

校舎長の言葉

東進ハイスクール稲毛海岸校 校舎長 鈴木丈晴

こんにちは。校舎長の鈴木丈晴と申します。東進ハイスクールでは、皆さんの受験に対する不安、疑問を払拭し、問題点を解決することで現役合格をサポートしております。私と,この校舎で受験を乗り越えた担任助手(大学生)が、東進の教育理念である「独立自尊の社会・世界に貢献する人財を育てる」ことを目標に、熱意を持って生徒指導にあたり、現役合格だけではなく、夢・志を持つことや、社会に出てから求められる課題解決能力を身につけていただけるように指導させていただいております。
“努力は決して裏切らない”一緒に精一杯努力して、学力的にも人間的にも成長できる大学受験にしましょう。

稲毛海岸校は、生徒のことを第一に考えているスタッフとやる気に満ちた生徒によって、いつも活気に溢れている校舎です。校舎の入口の受付ではスタッフが明るく大きな声であいさつをし、生徒を迎えています。生徒が利用するホームクラスでは、集中して学習に取り組める環境づくりのために、スタッフは随時見回りを行っています。生徒とスタッフの双方でコミュニケーションをはかり、誰もが集中できるよりよい学習環境整備に努めています。ホームクラスではほかに、努力した成果を掲出し、互いの健闘を讃え合い、切磋琢磨することによって生徒のやる気を向上させる空間を創っています。

校舎の様子校舎の様子校舎の様子

担任助手の紹介

似内 樹 くん 早稲田大学 文学部
県立船橋高校 卒 野球部 東進ハイスクール稲毛海岸校 OB
似内 樹 くん 早稲田大学 文学部
担任助手として一言
部活を夏まで続けていた僕が東進に入ったのは高校3年生の8月模試のあとです。そんな遅い時期に入学して勉強を始めたのに第一志望校に受かることができたのは東進ハイスクールの映像授業で自分が見たいペースで授業を受けることができたからだと思います。映像授業は部活生の味方です。また、担当の担任助手の方がいたので大学受験に対して無知な僕に勉強の仕方や志望校について優しく教えてもらえました。この受験を通して、とても勉強が好きになったので、その楽しさを生徒にも教えてあげたいという理由で僕は担任助手になりました。勉強の楽しさだけでなく、大学生活の楽しさも生徒に伝えていけるような担任助手になれたらなと思います。よろしくお願いします!
信常 太紀 くん 上智大学 理工学部
市立千葉高校 卒 水球部 東進ハイスクール稲毛海岸校 OB
信常 太紀 くん 上智大学 理工学部
担任助手として一言
僕はこの東進ハイスクールに高校2年生の夏期招待のタイミングで入塾しました。自分がこの東進ハイスクールにお世話になったところは特に、担任助手との大学についての面談です。やはり、受験を経験したばかりの体験談はためになるものが多く、自分の志望校決定に大きく影響しました。なぜ、自分が東進の担任助手になろうと思ったのかというと「憧れ」と「尊敬」の気持ちがあったからです。自分が生徒時代、大きく担任助手に支えられてきました。だから、恩返しをしたいのと同時に生徒に自分が得たものを生かし、導いていきたいと思ったからです。これからも生徒から信頼されるような担任助手になれるよう頑張りたいです。
武田 颯太 くん 明治大学 経営学部
県立船橋高校 卒 野球部 東進ハイスクール稲毛海岸校 OB
武田 颯太 くん 明治大学 経営学部
担任助手として一言
僕が東進ハイスクール稲毛海岸校に入ったのは高校一年生の春です! この東進ハイスクールに入って「時間の有効活用」を教えてもらいました。僕は野球部に所属していてなかなか勉強する時間を取ることができていませんでした。そんな時、担任助手の方々に相談すると「隙間時間をいかにうまく使えるか」ということを言われました。なかなか時間を取れないといっても、担任助手と1日のスケジュールを確認してみると意外と時間を取ることができることに気づかされて、隙間時間の使い方を実践することができました。 僕はそんな経験を生徒たちに伝えたいと思い担任助手になりました。また自分の受験の体験談も伝えたいと思ったのも理由の1つです。担任助手として常に生徒を第一に思い、生徒の立場になって考え、生徒を第一志望校に合格させてあげられるよう頑張ります!

→もっと見る

廣田 裕也 くん 千葉大学 教育学部
昭和学院秀英高校 卒 バレー部 東進ハイスクール稲毛海岸校 OB
廣田 裕也 くん 千葉大学 教育学部
担任助手として一言
私が東進ハイスクールに入ったのは高校2年生の冬です。東進ハイスクールで校舎長や社員さん、担任助手の方にはとてもお世話になりました。模試で成績が悪かったとき、私は自分の勉強法が正しいのか、合格することができるのか不安になることがありました。そんなとき担任助手の方は親身になって話をきいてくれました。勉強法についてはこれがいいと決めつけるのではなく、こういう方法もあるよと選択肢を広げてくれるアドバイスをしてくれました。そのおかげで自分が納得いく方法で勉強ができたので大学に合格することができました。 私も先輩たちのように生徒をサポートし、生徒が第1志望校に合格することができるよう頑張りたいです。
城 愛美 さん 駒澤大学 GMS学部
千葉西高校 卒 女子サッカー部 東進ハイスクール稲毛海岸校 OG
城 愛美 さん 駒澤大学 GMS学部
担任助手として一言
私は高2の春から東進に入っていました。東進では自分の夢や志、志望校について深めることができるので勉強に対するモチベーションを高く持ち続けることができました。また、いいライバルを持つことができたので苦しいときも頑張ることができました。結果第一志望校には合格することはできませんでしたが、その悔しい気持ちをバネに第一志望校に合格できる人を増やすため今担任助手をしています。生徒がとても頑張っているので自分も負けじと今英会話上達、検定に向けての勉強、もちろん大学もどれも頑張っています。他にも積極的に行動していこうと考えているので、長期休暇では様々なところに行ったり、イベントに参加したりしようと思っています。
平澤 あゆみ さん 日本女子大学 文学部
共立女子高校 卒 東進ハイスクール稲毛海岸校 OG
平澤 あゆみ さん 日本女子大学 文学部
担任助手として一言
私は、高校2年生の春から東進に入っていました。志望校は決まっているものの、どうやって勉強したら合格に近づけるか分からない私を東進の担任助手の皆さんが親身になって相談に乗ってくださいました。また、私は模試の結果などに心が左右されやすく、上手く行かなかったときは、すごく落ちこんでしまうことが多かったのですが、東進の担任助手の皆さんの支えや励ましがあり、乗り越えることができました。私が生徒のときに支えてもらったように、今度は私が支えていきたいと思っています。ぜひ一緒にがんばりましょう。校舎でお待ちしております。
斎藤 崚慈 くん 一橋大学 商学部
千葉市立千葉高等学校 卒 バドミントン部 東進ハイスクール稲毛海岸校 OB
斎藤 崚慈 くん 一橋大学 商学部
担任助手として一言
私は志望校を早めに決めていました。志望校への思いが、受験期を乗り越える僕の支えとなりました。また、私が勉強のこと以外で悩んでいたときも、常に支えて頂いた担任助手の方々がいらっしゃいました。今度は私自身が生徒の心の拠り所の一つとなれるような担任助手になろうと思っています。また、自分自身の経験をもとに、精神面だけではなく学力面でもサポートしていきます。
新田 美咲 さん 早稲田大学 法学部
千葉県立千葉高等学校 卒 ダンス部 東進ハイスクール稲毛海岸校 OG
新田 美咲 さん 早稲田大学 法学部
担任助手として一言
稲毛海岸校には誰もが第一志望校に向かってがむしゃらに勉強できる環境があります。私が自信を持ってそう言えるのは、二つの理由があるからです。一つ目は校舎のスタッフ皆が本気で全員の第一志望校合格を応援している。二つ目は皆で頑張る雰囲気がある。この二つは私が受験生の時から、そして担任助手となった今もひしひしと感じていることです。受験期には一人では乗り越えられない壁がたくさんあります。それでもスタッフ生徒共に頑張るこの校舎には計り知れないパワーがあります。担任助手としてこの雰囲気をサポートします。よろしくお願いいたします!
榎本 裕次郎 くん 早稲田大学 文化構想学部
千葉市立稲毛高等学校 卒 野球部 東進ハイスクール稲毛海岸校 OB
榎本 裕次郎 くん 早稲田大学 文化構想学部
担任助手として一言
私は高校3年生の7月まで部活があったため、部活と勉強の両立にとても苦労しました。まったく勉強のわからない私を助けてくれたのが、東進の学習コンテンツと担任助手の方々でした。早期に基礎を固め、質の高い授業を受けることによって成績をあげることができました。部活が忙しい人も、東進なら自宅で授業をうけることも可能です。さらに、受験や部活の悩みの相談に乗ってくれる担任助手の方がたくさんいます。一緒に大学受験を乗り越えましょう!
三重野 愛 さん 慶應義塾大学 看護医療学部
千葉県立千葉高校 卒 ダンス部 東進ハイスクール稲毛海岸校 OG
三重野 愛 さん 慶應義塾大学 看護医療学部
担任助手として一言
私は高校1年生の夏から東進に入っていました。志望校がなかなか決まりませんでしたが、そんな中、夢に向かって一生懸命頑張る担任助手の話を聞いたり、相談に乗ってもらうどの経験を通じて自分の夢を見つけることが出来ました。担任助手はみんな大学受験を経験している先輩であるため、それを踏まえたアドバイスを沢山してくれます。これからは私達が皆さんを支えていく立場になります。よろしくお願いします。
玉木 杏佳 さん 明治大学 政治経済学部
千葉市立稲毛高等学校 卒 ダンスドリル部 東進ハイスクール稲毛海岸校 OG
玉木 杏佳 さん 明治大学 政治経済学部
担任助手として一言
私は東進には高校2年生の春に入学しました。最初は志望校も学部も決まっておらず、何をどうすればいいか全く分かりませんでした。しかし、東進に入って担任助手に支えられ、だんだんと自分の夢とその夢の実現のためにやるべきことを明確にすることができました。担任助手は東進の最大の武器です。私も皆さんの受験勉強を全力でサポートします。一緒に志望校に向けて頑張りましょう!
倉田 涼平 くん 上智大学 理工学部
昭和秀英高等学校 卒 ラグビー部 東進ハイスクール稲毛海岸校 OB
倉田 涼平 くん 上智大学 理工学部
担任助手として一言
私は理系で英語が苦手でした。最初は単語や文法を少しづつやっていることで長文も解けるようになると思っていましたが、現実は甘くありませんでした。私は東進のイベントの一つである夏期合宿に参加したのですが、そこで自分の実力不足を痛感することが出来たと同時に、有名講師の授業によって直々にアドバイスを受けることができました。その後の努力で、本番で苦手な英語で結果を残すことが出来ました。皆さんにも是非同じ体験をしてほしいと思っております。是非一緒に頑張りましょう。

校舎イベント紹介

高校別説明会

高校別説明会

稲毛高校、磯辺高校、千葉西高校、検見川高校の皆さんを対象にした、高校別説明会を実施しています。実際にその高校に通っていた担任助手が、その高校の特性に合わせて定期試験の対策、日ごろの勉強のアドバイス、受験時に陥る落とし穴などを、自分たちの体験談を交えてお伝えしました。高校生の時には気付けなかった失敗や、受験後の後悔を後輩には味わって欲しくない、という思いで作り上げた説明会。多くの高校生の皆さんに参加して頂きました。今後も実施していく予定です。是非お友達と気軽に参加して、受験について真剣に考えるきっかけとしてください。

塾内合宿

塾内合宿

校舎にて長い時間を使って一気に単語や熟語の暗記を行う勉強会です。どうしても後回しにしがちで、覚えても忘れてしまう英単語を効率よく集中して学習していきます。一人ではダラダラしてしまったり、緊張感のある中で勉強したい生徒などが集まり、時間が経つにつれて気持ちは熱くなります。単語の暗記学習だけではなく、将来の夢について考えたり、大学について調べたりと受験勉強に正面から向き合えるのもこの合宿の特徴。自分の限界を超えたい、共に戦うライバルを作りたい、そんな思いを実現し、さらに力をつけられるのが塾内合宿です。

特別公開授業

特別公開授業

t-PODで授業を行う東進ですが、年に数回東進の実力講師が校舎で直接授業を行います。普段直接話を聞くことができない先生が来るということでドキドキしながらこの日を待ち、生徒が中心となる特別公開授業実行委員が準備を行いポスターの作成や教室の準備をし先生をお迎えします。汗だくになりながら授業を行う先生に負けないよう、生徒はみんな食い入るように授業を聞いています。参加した生徒は勉強へのモチベーションを上げ、猛烈に勉強をしていきます。校舎でも最も盛り上がるイベントの一つとなっています。

※t-PODとは、toshin-Preparatory school On Demandの略。単に映像授業を受講できるというだけでなく、合格するために必要な東進の全コンテンツ(授業・確認テスト・修了判定テスト・高速基礎マスター講座など)を活用できる最先端の教育システム。