志望校対策で気をつけること3選 | 東進ハイスクール稲毛海岸校|千葉県

ブログ

2018年 8月 13日 志望校対策で気をつけること3選

こんにちは!榎本です!

一番好きな食べ物は

すき焼き

です。

お肉を卵につけて食べるって

誰が最初に考えついたんでしょうね。

ほんと天才ですよね。

とりあえずすき焼き味のなんかがあったら

買っちゃたりしちゃいます。

 

今回は志望校対策。

主に二次・私大対策について書いていきます!

現在、みんなが一生懸命、取り組んでいる

センター過去問にも活かせることが満載なので、

ぜひぜひチェックしていって下さい!

 

復習に時間をかけすぎないように

第一志望は10年分×3周やります。

併願校も5~10年は解くでしょう。

科目数はひとそれぞれですが、かなりの量ですよね?

最小時間かつ最大効率の復習

が必要不可欠になるわけです。

そこで目安にしてほしい復習の時間として

試験時間=復習時間

おおくても試験時間×1.5倍

くらいがちょうどいいと思います。

あくまで目安ですけどね。

60分の試験だったら

復習時間は60分から90分くらいが

ちょうどいいのでは???

 

次へ活かす

過去問一回一回で成長していく必要があります。

10年分全部同じ解き方で解いても

変化がない。つまり成長しない。

「今回は〇〇に時間を使いすぎたから

もう少し時間配分を変えよう」とか。

「選択肢を読み飛ばしすぎたから

次は選択肢を精読するようにしよう」とか。

10年分解く中で、必ず

解き方に変化を加えていって

自分なりの正解を探しましょう。

 

補強点をインプット

「あぁ、ここ解けなかったなぁ。

よーし!!次だ!!!」

これも成長しないパターン。気をつけて。

しっかり自分の弱点を分析して

そこをインプットで補強していこう。

この時間が一番伸びる時間!!

アウトプットとインプットのバランス

すごーーく大切なわけです。

以上を参考にガンガンすすめよう!

                 ----コチラもクリック!☆----