過去問分析の大切さ | 東進ハイスクール稲毛海岸校|千葉県

ブログ

2018年 8月 19日 過去問分析の大切さ

こんにちは!!

三重野です。
人生で一番美味しかった
というより
好きな食べ物は
うどんです(笑)
特に夏は冷たいうどんが
とっても美味しく
感じます。

 

さて、本題の
過去問演習についてです。
みなさん、センター過去問
は10年分進んでいますか⁇
夏休み中には
復習までしっかり
終わらせることが
できるように計画をたて、
実行していきましょう!

センター過去問の
演習が終わると、
いよいよ二次私大の
過去問演習に入ります。
もう始めている生徒も
ちらほらいると思います。
二次私大レベルになると
記述が含まれていたり、
問題が複雑だったりなどと
センターレベルと
比較すると難易度や
問題形式などなどが
結構違ってきます…

そのため、大事に
なってくるのは
過去問を分析することです。
最近のブログでも
分析の大切さについて
何度も言われていると
思います。
自分の受ける大学の
過去問の性質、
自分との相性、
自分の弱点、
問題の形式、
頻出範囲、
合格平均点、
などなど
じっくりと分析し、
過去問を知り尽くし
ましょう!!

 

私は国立志望だったため、
私大の過去問を
本格的に解くことになるのは
私大の試験日の
直前の時期になって
しまっていました。
しかし、国立志望の人も
第二志望以降の次大の
過去問の分析を
適当にして欲しくないです!
解くのが後回しになって
しまったとしても、
せめて
どういう問題が出るのかは
早めに確認して
おきましょう!
そのために
赤本を今のうちに
ゲットしておくこと
が大事です!!
直前になると
売り切れてしまうので
要注意!!!!!

 

----☆コチラもクリック!☆----