金谷先生の授業を受けた後は…? | 東進ハイスクール稲毛海岸校|千葉県

ブログ

2019年 5月 25日 金谷先生の授業を受けた後は…?


 

こんにちは!

急に暑くなってきましたね。

熱中症とか体調には

気を付けてね!

先日見たプロフェッショナルに

出てきた美容師さんが

髪を切ることで世界を

平和にしたいと言っているの

を聞いてすごく心に

響きました。

やっぱり髪を切るでも

受験勉強でも、

何かに一生懸命な人は

キラキラしていますよね!

みんなも頑張ろう!

 

さて、メインテーマに行く前に

サブテーマ「高校と大学の違い」

についてですが、

細かいところでいくと、

「お昼」の違い!です(笑)

高校まではほとんどの人が

お弁当だったのではないかと

思います。

が、、、!!!

大学生はお昼が選び放題!

もちろん友達とお弁当

でもよし!

コンビニでもよし!

おしゃれランチを食べに

行っても良し!

なんだか、お昼が

楽しみになってきますね!(笑)

担任助手のみなさんは

それぞれの大学周辺のグルメに

詳しいはずなので、

息抜きがてらに

聞いてみても良いかも!(笑)

 

さて、メインテーマの

好きな先生!ですが、

正直選べないので、

これからの時期、受験生が

力を入れて勉強する

「日本史」の勉強法について

どうやって勉強したかを

伝授しようと思います!

日本史受験者は必見!(笑)

さて、ここで紹介する先生は

もちろん

 

金谷先生!!!!!!

 

この先生の授業は

とにかくわかりやすいです!

何故かというと、政治や農業

文化や戦など、様々な事象が

次々に起こっていく日本史を

「物語」(ストーリー)にして

教えてくれるからです!

 

さて、問題はこの

とてつもなくわかりやすい

授業が終わった後。

「どうやって日本史を勉強すれば

良いのか?」です。

よくある受験生のパターンは

夏に日本史の勉強法を模索

して、あれでもない、

これでもない、としている間に

夏が終わってしまうパターン!

こんな勿体ないパターンは

ありません!!!

しかし、日本史の勉強をするにも

教科書や一問一答、参考書など

何を使えばよいのかわからない。

そんな人も多いはず!

そんな人は、とりあえず

金谷先生のわかりやすい

授業を反映している

テキストを使ってみては?

テキストの弱点が一つ

あるとすれば、大雑把なところ。

金谷先生の素晴らしいストーリーを

テキストはあえて書いていません。

だからこそ、授業のメモが大事!

金谷先生は大事な流れを

表を使いながら口で

説明します。

いざ、そのテキストを使って

勉強するときに、それを

忘れてしまっていては、

テキストは教科書よりも

わかりにくいものに

なっているかもしれません。

だから、授業中にはできるだけ

メモを取って、自分だけの

オリジナルテキストを

つくってみましょう!

8月模試の、みなさんの

日本史の成果に

期待しています!

最後まで読んでくれて

ありがとう!